読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメフィーバーしてた

日記

時間的余裕を持て余しているので、有意義な時間の使い方としてメジャーなアニメ鑑賞をここ最近ずっとしていた。備忘録がてら感想などを書こうと思う。ネタバレ含まれているかも

  • ソードアート・オンライン1期
    アメリカ旅行中に夜更かししながら友人と見ていた。ぼくはオンラインゲームとかしないのでオンラインゲームを題材としたアニメ(.Hackとか)存在は知っていたけどあまり見る気はなかったが評判が良いらしいとのことなので見てみたら結構面白かった。オンラインゲームって所詮仮想現実の中の物語なので実体がないのであまり好きではないが、SAOはゲームの中で死んだら、現実の体も死ぬという設定を取り入れ、それにより緊張感が生まれたのが良いと思う。あとアスナちゃんが可愛くて、アニメ見ながら悶絶してました。2クール目の妹との話も良かった。アスナを救うのが大目的だけど、その過程で妹との関係が深まるというか、修復される描写も良かった、妹かわいいよ妹。あと2クール目のOPも結構好きで、あの歌の歌詞は妹の心情を歌っていると思うんだよね、本編とリンクしたOPは割と好きです。

  • ソードアート・オンライン2期
    2期は帰国してから見た。1期のようにまた、ゲーム内の出来事で現実の人が死ぬみたいな緊張感あって良かったんだけど、結局真相はそうじゃなくて現実でフルダイブ中の人間を直接殺すという微妙な手法だった。戦闘シーンは全部の話の中で屈指のカッコよさだった。ちょっとキリトくんは人間の反射神経を凌駕しすぎていると思うけど。2クール目は…最初の方の話はゲームしてアイテムゲットしてと単調だったから微妙だったんだけどユウキが出てきてからの盛り上がりが良かった。最後の展開は泣けてくる、正直古典的な展開でKey作品によく使われる手法だけど、だからこそ泣ける、最後まで見た後にOPを再度見返すと色々な意味込められてて感心する。ユウキの笑顔可愛いんじゃ~。

  • キルラキル
    グレンラガン好きな人なら見るべき。グレンラガンの時は地中から始まって宇宙まで行ったけどキルラキルはそこまでの広がりはなかった。展開は暑い。あとサブキャラのマコが地味に最後まで活躍する。BGMがカッコイイ

  • Another
    SHIROBAKOの監督である水島努が監督した作品、原作は小説で原作版の表紙の見崎鳴ちゃんはちょっと不気味だけどアニメ版の方はすごい可愛いので大丈夫。前半は見崎鳴が実在するのか否かに焦点があてられており、その正体がはっきりするまでドキドキ感を味わった。後半は見崎鳴の正体が分かったので安心して萌えることが出来る。後半はクラスメイトがちょっとした出来事で死んでしまうので、見ている方もずっと緊張して見ていた、見終わるまで心休まらないアニメだ。非常に丁寧に伏線を張ってたり、最後の展開のためだけに○○○を作ったりと原作ありのアニメを作らせたら水島努は天才と言われる所以が分かる。アニメと原作小説では細かいところで違いがあるらしいので今度読んでみようと思う。実写版は見ないほうがいいらしい。

  • マルドゥック・スクランブル(圧縮、燃焼、排気)
    陰謀に巻き込まれて爆殺されかけた主人公が法的に禁じられた科学技術「マルドゥック・スクランブル09」によって一命を取り留め、自分の事件を解決してく話。助けられた段階で肉体改造も施されたから通常の人間に対してはほぼ無敵。戦闘シーンは良い