読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分に合うプロテインが見つからない

workout

どうも自分はホエイプロテインが身体に身体に合わないようで、トレーニング後とかにプロテインパウダーを水に溶かして飲むと翌日、腸のあたりに違和感があるというか微妙にお腹が痛いような感じになってしまう。そうなると食欲が無くなりあまりたくさんの量のごはんを食べることができなくなり1日に必要なカロリーを摂取することができなくなってしまう。

そもそも何故ホエイプロテインを摂取するとお腹が痛くなるのかというと、ホエイプロテインに乳糖(ラクトース)というものが含まれており、通常はこれを小腸で乳糖分解酵素(ラクターゼ)によって分解して吸収されるのだが、この酵素がうまく機能しない・少ないことにより分解されないまま腐敗して腸を刺激することで腹痛が発生するらしい。

こういった乳糖分解酵素がうまく働かない症状のことを「乳糖不耐症」と呼び、日本人は高い割合で乳糖不耐症であるらしい、おそらくわたしもこれに該当するのだろう。

さてこの乳糖不耐症だが克服する方法は特にないので対策としては「乳糖」を含んでいないプロテインを選ぶということになる。そこで次にわたしが選んだのはWPIタイプのプロテインだ。ホエイプロテインの原料は主に牛乳で、そこからタンパク質を抽出して作られる。この抽出方法によってWPC(Whey Protein Concentrate)、WPI(Whey Protein Isolate)などのタイプがあり、主にタンパク質以外の不純物の割合が変わってくる。

一般的にWPIの方が高純度なタンパク質となっており乳糖のような不純物は入っていない。しかしその分WPCに比べてWPIの方が値段が高い。WPIの中にもCFM製法とかイオン交換法とか抽出方法があるがそれは割愛して、とりあえずバルクスポーツのWPIタイプのホエイプロテインを購入して試してみた。試してみると確かに今までの飲んでいたWPCタイプよりはお腹の調子は良いようだが、まだ微妙にお腹が痛くなる、どうも乳糖だけが原因だけではなかったようだ。そもそもホエイ自体が良くないのかもしれない。

もうこうなるとあとはカゼインプロテインソイプロテイン、エッグプロテインを試してみるしかないが、カゼインプロテインは原料が牛乳だからホエイと同じ結果になりそうだし、エッグプロテインはなかなか無いし高いし卵たくさん食べたときに気持ち悪くなったのでこれもお腹こわしそうだ、消去法でソイプロテインになるのだろうか。