読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二度目の失業認定に行ってきたよ

無職

3ヶ月の待機期間が終わった、字面では長いように感じたけど実際は短く感じる。
さて待機期間を過ぎると二度目の失業認定があり、ハローワークへ行って手続きをしなければならない。ならないと言っているが別に強制ではない、行かなくてもいいがその場合は失業給付が受けられなくなるだけである。ぼくは当然失業給付が欲しかったし、必要としていたのできちんと決められた日程の決められた時刻にハローワークへ行ってきた。

失業認定は専用の窓口があるのでそこで手続きを行う、すでに前回行っているので慣れたものだ。窓口で事前に記入しておいた「失業認定申告書」と「雇用保険受給資格者証」を提出する。おっと、「失業認定申告書」に記載漏れがあったようだ、指摘されたところを記入する。隣の窓口で呼ばれるので待っていて下さいと言われ、近くの席に着き、呼ばれるのを待つ。

「失業認定申告書」には前回の認定日から、今回の認定日までに実施した"求職活動実績"を記入する。失業保険は就職の意志がある人にしか支払われない、つまり求職活動している人にしか支払われない、最低限の回数も決まっており、今回は最低3回以上、求職活動をしないと失業給付を払わないという条件になっている。ただ前回の認定日の際に、就職相談を実施しておりそれが1回分の求職活動と見なされるため、残り2回の求職活動が必要となる。もちろんぼくは実施したので条件をクリアしている。

名前が呼ばれる、今回支払われる金額と時期の説明を受け、何点か質問を受けた後、次にハローワークへ出向く日取りについて説明を受け、その日は終わりとなった。時間にして20分ぐらいか、意外とすんなりすんだ。