読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国ツーリング その3

朝4時ぐらいに目が覚め、すぐにテントを片付けて四万十川キャンプ場から出発。
明日は雨が降るとお遍路さんが言っていたがまだ雨は降っていない。助かった。
今日は四国カルストへ向かいます。

まだ外は真っ暗な中を走る。ライトアップされた橋がいい雰囲気を放っていたので撮影。

だんだん夜が明けてきた。
ガソリン残量が2セグメントしか残っていないけど四国カルストへ行く途中にガソリンスタンドはあるのだろうかと
不安を抱えつつも先へ進む。

2車線で走りやすい道が続いていたと思ったら、いきなり1車線の狭い道になる。
また進むと2車線に戻って、また1車線になるという繰り返し。

途中ガソリンスタンドは何件か見つけたが、どこも閉まっている。
そりゃ朝の5時だからしょうがないけど、24時間のセルフぐらいないのだろうか。
と思ったら雨が降ってきた。雨宿りできる場所を探したけど、見つからなかったので林道の入口へ停車してレインコートを着た。

とりあえず都市部の方へ行けば、ガソリンスタンドもあるだろうと考え、宇和島市へ行ってみた。
すぐに24時間のセルフガソリンスタンドを見つけて給油した。給油ランプが点滅していたので生きた心地がしなかった。
近くにマクドナルドがあったので朝御飯&休憩。

食べ終わり改めて四国カルストへ向かうことにした。
酷道みたいなところを登って、だんだん気温が低くなるにつれて、山の上なんだなと実感した。
さらに風も強く吹いてて体がガタガタと震える。

やっとのことで着いた四国カルスト。
雨と風がすごくて手がかじかんでなかなかシャッターがきれなかった。

道のすぐ近くに牛がうろうろしている。
牛と自分を隔てるのが、針金の柵だけなのでちょっと不安だったけど、そんなこと気にせずに牛は草を食べていた。
というかこんなに雨と風が吹いてるのに牛は寒くないのだろうか。

随分昔に買ったレインコートだからか、雨を弾く能力が落ちて、下の服が若干しっとりとしていた。
ズボンから垂れた雨水がブーツのなかに入ったようで靴下がベタベタになった。
このあたりは休憩できそうなところは何もなさそうなので一旦須崎市へ向かうことにした。

お風呂に入りたかったけど、須崎市には銭湯がないみたいで高知まで行かないといけないようだ。
そのうち時間が遅くなってきたので銭湯は諦めてキャンプ場を探すことにした。
今日は加田キャンプ場に泊まろう。