読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報過多社会を生き抜く方法

タイトルは釣り
この前突発的に、GoogleReaderの登録フィードを全て消した。
全て消し終えたときのまっさらな画面はとてもすがすがしかった。



なんでそんなことをしたかというと、毎日毎日飽きもせず溢れ出てくる情報にうんざりしたから。
自分は個人ブログから大手ブログ、ニュースサイト、2chまとめサイト、Tumbler等々をだいたい300件ぐらい登録してて
それらが1日あたり300〜400件ぐらい更新をかけてきてて、まるで集合ポストのゴミ箱の様相を呈していた。


それらは、仕事の休憩中に読んだり、休日にまとめて読んだりして消化してたんだけど、
ここ最近、なぜか集中力がにぶってるように感じてた。
より具体的に言うと本を続けて読むことができない。気づいたら他ごとやってる。


たぶんRSSフィードを流し読みするくせがついちゃってて、本も流し読みのような状態で読む
当然、内容が頭の中に入ってこない→おもしろくない→じゃあ他のことやろう。
みたいな感じだと思う。


登録フィードを消したことによって情報収集ができなくて世間に置いてけぼりにされるんじゃないかという
不安はあったけど、今はTwitterのみで我慢してる。
というかTwitterの方がRSSフィードよりもより選別された情報しか流れてこないので情報の質が高いような気がする。


ここでやっとタイトルに言及するけど、昨今の情報過多社会では意識してインプットを制限しなければいけないと思う。
なんでもかんでもインプットして自分で選別してるとそこに頭のリソースを持って行かれちゃって
本当に大切なところで使おうとしてもリソース不足に陥ってしまう。


みなさんも情報制限してみては。